ホームエレベーター

製品の規格
製品の規格
製品 富士-TKJ
応用 ホーム
速度 2.5 m/s
最大負荷 1350 Kg
最多人数 最も 18

標準機能

  • エレベーターサービス機能
  • フルコレクティブコントロール - コントローラは自動的に最も近いコレクティブコントロールを選択します.
    • 全部収集制御:登録を実行しながら、どんな階床の乗客でもかご内の乗客でもエレベーターの呼び戻しは操作できます。
    • 点検運転:条件を満たすとき、降りボタンまた上りボタンの押す操作でエレベーターを保守・点検速度で昇降させることができます。
    • 低速運転:正常状態下、起動の安全条件を満たす限り、エレベーターは自動的に低速でフロアに行って、扉開きします。
    • 自動扉開き:エレベーターは自動的にドアを開きます。
    • 扉開き時間の自動制御:通常、ドアは短時間で開き状態を保ちます。
    • 乗り場の扉開き:乗り場ボタンを押すことにより、ドアを一定時間開けたままにできます。
    • 閉じるボタン:閉じるボタンを押すと、直ちに操作を実行します
    • 開くボタン:かご内で扉開きボタンを押すと、閉じ始めているドアまた閉じたドアが開けます。
    • 満員通過機能:満員状態のエレベーターは、ムダな停止による時間のロスを解消するためには途中ののりば呼びには応えずに通過します。
    • 積載量調和:エレベーターは自動的にかごの積載量を測って、エレベーター起動の乗り心地を改善させます。
    • 連合運転:二台のエレベーターはCAN通信技術でバランスよく配車されます。
    • 独立運転:乗場呼びサービスを無効とし、かご呼びのみにサービスする運転です。
  • 安全機能
  • 扉開き走行保護防止:到着しない限り、ドアは閉じるままです。
    • ケアフルセンサー:ドアの間に障害物を検知すると、再び戸が開きます。
    • 過負荷保護 - エレベータが過負荷状態になると、エレベータはバズに沿って移動する必要があります。
    • 乗り過ぎ防止装置:エレベーターの定格積載を超える時。エレベーターが停止。ブザーも鳴ります。
    • 逆行運転防止:運転方向と目的方向が違うとき、自動的に停止します。
    • 転落防止:エレベーターは走行だけする場合、自動的に停止します。
    • 終点スイッチ:規定の走行範囲を超えると停止します。
    • 終点スイッチ:エレベーターの上下ターミナルにはスイッチ(速度制限、位置制限及び限界)が取り付けられます。規定の走行範囲を超えると停止します。
    • フェーズ保護:供給電源に故障が発生すると、エレベーターは停止になります。
    • コンタクター保護:コンタクトに故障が発生すると、エレベーターは停止になります。
    • モーター温度の保護:モーター加熱を未然に防ぐための保護機能
    • ドア開閉故障防止装置:システムはドアの開閉状況を検査し、事故防止のため異常発見時に直ちにエレベーターを停止させます。
    • 運転中ボタン無効防止:運転中、エレベーターのボタンは一つでも無効になったら、エレベーターは直ちに停止になります。
    • 速度検出装置:規定の速度を超える問題を解決策として設置された装置です。
    • ブレーキスイッチの故障保護:システムはブレーキスイッチの状況を検査します。故障を検知するとき、エレベーターの保護を行います。
    • クレーン安全保護 - 救助中の安全保護。
    • 主要回路故障防止:システムは主要回路に故障を検知すると、緊急停止を行います。
    • CPU WDT制御保護:システムはCPU異常、 WDT異常またはプロセス故障を検知する場合、WDT回路は主要制御器の輸出は停止させ、CPU を正常に回復させます。
  • 知能自動化機能
  • エラー修復 - ボードは最大10のエラーを記録できます。
    • 自動基準階戻り:ご呼びと登録のないとき、エレベーターは一定時間後自動的に基準階へ戻って待機します。
    • アロードディテクタ:ドアの開閉途中に物がはさまって、異常な力が加わると、ドアを反転させます。敷居の溝に小石やゴミが詰まったりしているときには、開閉動作を繰り返して排除に努めます。
    • 故障記録:10回以上の故障を記録できます。
    • 昇降路データ学習機能:正式運転の前、昇降路の状況(床面高さ、開閉状況など)を収集して、データとして保存します。
    • 自動階床位置修正:最遠階と乗り場位置に運転したら、システムはエレベーターの位置データを学習機能で修正します。
    • エレベーター施錠機能:正常運転の状態下、施錠ボタンを押すと、あらゆる登録を実行した後基準階へ戻し、自動的にかご内の照明と換気扇を停止させて、エレベーターを停止させます。
    • 昇降路学習機能診断:昇降路学習機能が無効になる場合、昇降路学習機能の診断を行います。
    • ドア・ロックショット故障:エレベーター到着後、システムがドア・ロックの故障を検知すると、故障を警告して、運転を停止させます。
    • 非停止階設定機能:ルーム内操作パネルの設定により、特定階の行先階ボタンを無効にすることができます。
    • 時計制御:システム内部には時計が設置されましたから、故障時の時間を正確に記録できます。また、時計制御の方式で階への配車を決めます。
  • 人間機械操作機能
  • アテンダント運転:エレベーターはアテンダントに操作されます。アテンダントはお客様のニーズに応えながら、エレベーターを使用します。エレベーターは命令を実行して、目的階へ行きます。

    • 直行運転:アテンダントのいる場合、直行ボタンを押すと、エレベーターは指定階へ直行して途中ののりば呼びには応えずに通過します。
    • 通話方式:インターホンでかご内、かご上。機械室、ピット、救援管理室5者と通話できます。
    • 行先階取消し機能:うっかり間違った行先階ボタンを押してしまった場合、そのボタンをポンポンと2回続けて押すと、間違った行先をキャンセルできます。
    • 反転時呼び一括キャンセル機能:ご利用の方が全員降りた後の反転時、残っているかご呼びを自動的にキャンセルします。
    • 液晶インジケーター:階床表示器は、液晶インジケーターを採用し、見やすくて、豊富な情報表示、綺麗な字などの特徴を持っています。
    • 運転方向連続表示:エレベーター運転中、乗り場とかご内で連続方式で運転方向を表示します。
    • 到着予報かごチャイム:エレベーターの減速到着中、チャイムでエレベーターの到着を知らせます。
    • 階床表示:操作でエレベーターの位置表示の設置はできます。
  • 緊急時機能
  • CAN通信保護 - 障害の危険を防止する。
    • かご内停電灯:停電時には、自動的にかご内の停電灯が点灯します。
    • 強制戸閉動作:一定時間戸閉めが妨げられていると、警報を出して戸閉めを促進します。
    • CAN通信故障防止:CAN通信に故障が発生時、運転を停止させます。
    • 火災発生時、自動火災報知器と連動し、火災を検知するとすべての登録はキャンセルされ、ただちに避難階に移動し、ドアが開きます。
    • 警告チャイム機能:エレベーターは異常発生時、かご内で外を知らせる方法です。
  • 省エネ機能
  • 直接着陸:運転小売りの向上のため、エレベーターは距離原則に即して、減速運転を行います。
    • 換気扇とかご照明の自動休止:規定時間内、ご呼びのないまた登録のない場合、かご内の換気扇と照明は自動休止になります。

追加できる機能

  • オプション機能
  • ICカード管理 - このカードを使用して、特定の階を管理できます。
    • ICカードユーザーの管理:I Cカードの認証デバイスである階のの使用をコントロールできます。I Cカードをタッチして、エレベーターのの呼び戻しと使用ができます。
    • 事前扉開き:到着中、かごの位置は乗り場の位置との距離は規定距離内になって、運転速度も定格速度以下になるとき、エレベーターは自動的にドアを開きます。
    • 扉開き優先:ワイヤロープの伸縮性(階数、積載量)で、エレベーターの到着位置に差が出る場合、その状況を検知するシステムは低速でかごを正しい位置へ運べます。(高階の建物にお勧め)
    • 副操作盤:同時に主要操作盤と副操作盤の取り付けは可。開閉ボタンと行き先階ボタンがついています。
    • 裏口操作盤操作:同時に主要操作盤と副操作盤の取り付けは可。開閉ボタンと行き先階ボタンがついています。違うのは、主要操作盤はドアを制御、副操作盤は裏口を制御します。
    • 障碍者操作盤:障碍者操作盤には主要操作盤のような呼び登録ボタンとドア開閉ボタンもあります。ただ、操作盤の位置とボタンが障碍者に向けて特別設置されます。
    • 群管理システム:群管理システムで複数台のエレベーターを待ち時間に配慮してバランスよく運転させます。
    • 出勤時スケジュール運転:群管理システムしか持たない機能です。基準階から上昇したエレベーターに三つ以上のご呼び登録があるときに、有効になる機能です。群管理グループのエレベーターはご呼びに応えながら、基準階へもどうして待機になります。
    • 退勤時スケジュール運転:群管理システムしか持たない機能です。基準階から下降したエレベーターに三つ以上のご呼び登録があるときに、有効になる機能です。群管理グループのエレベーターはご呼びに応えながら、基準階へもどうして待機になります。
    • 分散待機:群管理システムしかこの機能を持たないです。効率向上のため、規定時間内にご呼びを受けない場合、エレベーターを設置した待機階へ待機させます。
    • VIPサービス:この機能を起動した後、エレベーターの正常運転が停止されます。VIP階への待機をさせ、VIPお客様を直接に目的階へ送らせます。
    • 戸開時間延長機能:乗場ボタンあるいはルーム内の戸開ボタンを押すと、ドアが開いている時間を延長する機能です。
  • 音声表示
  • 到着時刻 - エレベーターは着陸時に鳴ることができます。
    • 液晶インジケータ:液晶を採用し、エレベーターの運転方向と階数などさまざまな情報を簡潔で目立たしく表示することができるようになりました。
    • 乗り場到着予報灯:エレベーターが到着前に、乗り場で予報灯を点滅して乗用車に注意を喚起します。
    • 乗り場到着チャイム:エレベーターが到着前に、乗り場で予報チャイムを連動して、乗用車に注意を喚起します。
    • 遠隔監視:rs-485通信ケーブルで制御システムと管理室のパソコンを繋いで、パソコンでエレベーターの位置、運転方向、故障状態などの状況を監視できます。
    • 音声アナウンス:運転状態に応じて、運転方向や到着案内などを音声で案内します。
  • 緊急対応機能
  • 自動救助装置(ARD) - エレベーターは自動的に最寄りの場所に運行されます。
    • 停電時自動着床装置:エレベーターが運転中に停電した場合、専用バッテリーから電力が供給され、最寄階に移動し、ドアが開きます。
    • 地震時管制運転:運転中に地震が発生した場合、揺れをセンサーで感知し、自動的に最寄りの階で停止させドアを開きます。。
    • CAN通信故障防止:CAN通信に故障が発生する時、運転を停止させます。
    • 火災時管制運転:火災発生時、自動火災報知器と連動し、火災を検知するとすべての登録はキャンセルされ、ただちに避難階に移動し、ドアが開きます。
    • 消防員操作:消防員はスイッチを入れると、エレベーターはすべての登録をキャンセルさせ、呼び戻し階へ直行で戻ります。

メッセージ





  • captcha

主要プロジェクト