環境保護

恒達富士は先端技術を利用して、省エネと環境保全に取り組んでいます。

環境保全の面では多大な力を入れて、エネルギを最大限に利用します。わが社の製品は、省エネ・排出削減、自然共生の社会づくりなどの面では効果が出ます。わが社の生産工場は最新の国際環境基準に従います。

PERMANENT MAGNET SYNCHRONOUS GEARLESS TRACTION MACHINE

永久磁石ギアレス巻上機

レアアースを使って、同軸伝送技術、デジタルインバーター技術とコンピューター グループ合同コントロール技術を結び付けますから、伝統技術と比べて、低コストと省エネを両立。約30%の省エネルギーを実現しています。永久磁石ギアレス巻上機には潤滑油不要です。それで、グリース汚染もなし、低騒音、静かです。

FUJI CONTROL SYSTEM

富士制御システム

統合制御システムはエレベーターのコントロールシステムの発展に求められたものであり、新型知能ベクトル式制御システムでもあります。技術範囲はク ロ ー ズ ドループベクトル制御技術、CANBUS通信技術、マルチCPU運転技術、C言語・アセンブリ言語プログラムに及んでいます。伝統エレベーターと比べて、富士制御システムは距離制御現代工業の制御技術、通信技術、伝統エレベーターを結びつけます。


ENERGY FEEDBACK SYSTEM(OPTIONAL)

エネルギー回生システム(選択できる)

省エネ・環境保全製品の開発をわが社の理念にしています。エネルギーの回生技術を乗用エレに応用するのは創造的で。最先端のエネルギ―の回生理論を生かして、位置のエネルギを電気エネルギーに転換し、グリッドにエネルギを蓄えます。ハーモニック汚染の影響を最小化し、エネルギのリサイクルを実現しました。


AUTOMATIC LIGHTING OF LED ENERGY-SAVING LAMP

自動LED照明

LED照明を採用します。エレベーターの使用者ない場合、空間内の照明を自動的に閉じます。あらゆるご呼びを受けた後、自動的に照明状況になりますから、省エネを実現します。

GROUP CONTROL MANAGING SYSTEM

群制御管理システム

1、設定された複数台のエレベーター調整と制御プログラムで同時にご呼びを受けるのは可。システムを通じて、最適のエレベーターを運転します。待ち時間を低減します。
2、現場時間の待ち時間内になると、有閑エレベーターは自動的に休みに入ります。かご照明と換気扇が自動休止になります。または速度制限運転になって、省エネ運転に入ります。
3、需要スランプ:利用数の少ない場合は、自動的に運転低迷パターンに入って、不要のエネルギー消耗を避けます。通常パターン:最短時間と最寄階運転という原理によって運転します。朝ラッシュアワー:混雑状況を緩和します。昼間パターン:食事処への運転回数増加。緩和パターン:夕方ラッシュアワーになると、指定数多い階段への回数増加。

ニュース