運営管理

生態建設

恒達富士は毎年エレベーターの据付数はほぼ千台以上です。わが社の目標は効率的な据付サービスを提供することです。例えば、現場で需要とされる技術者数とエレベーター運転の環境への影響を減らすことや据付前の現場確認をして必要ではない現場調査を避けること、現場で廃棄物の処理を行って、危険物、金属、電気、木材、混合廃棄物を別々に預かることです。

効率的なメンテナンス

エレベーターの性能を保持し、安全を守り、みなさまにいつでも安心して快適にご利用いただくためには、適切なメンテナンスを行なうことが必要不可欠となってきます。定期的かつ適正なメンテナンスがあってこそ、故障の予防と部品の延命ができます。部品の延命を確保すること以外にも、効率的な方法でサービスを提供いたします。例えば、技術者外出ルートの簡素化で二酸化炭素の排出量を削減すること、より良いメンテナンスサービスを提供するためには遠隔監視とワイヤレス技術でリアルタイムの情報を技術者に提供して、不要の呼び回数を避けます。

富士通運営の環境への取り組み

恒達富士はシステムを運用して、高効率省エネの運営を発展 
恒達富士の目標は毎年売上の3%に近しい炭排出量の削減を達成。

配送チームの管理

恒達富士は環境に優しく、安全で、利益を予想できる配送チームの運営に取り組んでいます。それで、全世界統一的な配送チーム制度と管理体制を製作しました。車の燃料量削減を基盤としてチームを発展させます。2010年から2013年までの3年間で車一本5%の二酸化炭素の排出量減少を実現。

物流

配送ネットワークの最適化を通じて、エコ配送パターンを最大限に採用することや納品積載量を最適化してスペース利用最大化を実現、戦略的な供給運送で運送距離を短縮化することで、恒達富士は省エネ、効率的な物流を実現します。そのほか、ISO 14000認証を取得するのだけではなく、エコ経営のルールも厳重に守る物流サプライヤーとしか協力しないです。

廃棄物管理

恒達富士は支出削減、重複利用、リサイクルとごみ焼却に力を入れることで、生産中と仕事中の資源浪費を避けます。恒達富士では、供給ラインで生産したごみの3%だけはごみ処理場に運ぶ一方、残り97%はリサイクルまた焼却されます。

ISO 14001認証

ISO 14001認証を取得。恒達富士はお客様と関係者の方々に環境に優しいい製品と解決策を提供する会社を証明しています。すべての生産拠点とグループ全体はISO 14001とISO 9001認証を取得。

環境保全に取り組むサプライヤー

恒達富士はすべてのサプライヤーにISO 14001認証の取得と『サプライヤールール』のまっもりを求めています。

company certificate

<
>

ニュース