安全

毎日、ほぼ千万人以上が恒達富士の製品を使用していただきます。弊社としてはエレベーターごとに安全を維持して、運転を監視しています。

安全与产品服务

エレベーターとエスカレーターの使用は旅行中に選んだ最も安全な手段です。恒達富士は安全性の向上を目指して、業界の規格と標準の策定に積極的に参加します。それに加えて、業界協会の一員になることで業界基準を超える安全設備を提供してエスカレーターの安全性を充実。

製品と安全性の向上ためには設計から、組立、据付、メンテナンスに至る一連のサービスの質を重視しています。そのほか、スタッフ、恒達富士設備の使用者とお客様の間で安全の重要性を強調しています。

リニューアルサービスは耐用年数内のエレベーター、エスカレーターの安全・安定な運転を維持し、運転中の故障発生回数を最小限に。小規模的なモジュール化のレベルアップによって、最新の基準に合う設備にリニューアルされることができます。

ユーザーの安全

恒達富士は安全を第一とし、毎日通力製品の使用者の安全を確保しています。安全性向上の対策として、年に一回の活動を行います。使用者にエレベーターとエスカレーターの運転原理と乗り方を知るチャンスを提供させていただきます。

エレベーターとエスカレーターの安全性向上は多方面の共同努力が必要となります。技術支持となるサプライヤーの設備にルールと基準の守りを求めいています。建築物の所有者、メンテナンス・サービスの提供者は、その建築物の設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。

同時に、エレベーターとエスカレーターの使用者にも自分の行為に気を付けていただきます。例えば、エレベーターまたはエスカレーターを使用する子供の横に大人の付き添いが必要です。エスカレーターでのベビーカー、重荷、ショッピングカートなど大型ものの放置はご遠慮ください。

スタッフの安全

恒達富士では、スタッフ全員に専門、安全作業の能力を求めています。スタッフ全員は健康と安全の研修だけではなく、仕事に関する研修も受けます。また、チームに所属する成員の安全のためには管理職の人にはあらゆる予備仕事の実行を確保する責任を取らせて、関係者及び自身の安全のためには、スタッフと下請け企業にも法令を遵守してもらいます。
高級管理職の方も定期的に仕事現場の安全審査に参加。異常の前兆をキャッチする場合、いち早く対応します。安全作業に出る支障を確認した場合、すぐ作業を停止。管理職の認可を得た解決策を取った後、作業を続けます。

安全成果の向上のために、恒達富士は一連の事故報告と調査体制を確立しました。事故また未発生事故の防止のために、事故原因の究明で解決策を取ります。以上の措置でわが社の安全策はかなり成果を収めています。
恒達富士は三カ月ごとにグローバル安全ネット会議を行います。事故の経験を分かち合うと同時に、素晴らしい行為と注目される問題の場所を提供しています。

エレベーターネット監視システム

エレベーター・ネットワークはエレベーター安全問題の解決策として提出された概念です。データ収集部分、データ伝送部分、中央処理部分、アプリが含まれています。
データ収集装置はエレベーターの稼働データを分析して、ネット監視センターにアップロードします。そして、アプリと合わせて、関係部門のエレベーターに関する監視とメンテナンスに実施に成功。

点検センター

かご操作盤、ドア開閉機、敷居、調速機、照明スイッチ、押しボタン、ワイヤロープ、エスカレーターローラー、ハンドレール、金属機械の性能、塩水噴霧試験など20種以上の点検を行います。ニーズによりますと、今年は振動試験機も採用されます。「科学的な管理、規範に合い、偏らなく、素早い対応」の方針をもって、当社の生産と品質検査のニーズに応えます。一方。使用者への点検サービスの提供も可。

ニュース