富士エレベーターの有限会社

枠組み集積エレベーター

経済発展と生活レベルの向上につれて、古い建物にエレベーター取り付けの追加はすでに社会需要に求められています。エレベーターは日常生活の交通手段として掛け替えのない存在になっています。モジュール式鋼構造の一体化は古い建物にエレベーター取り付けの追加を解決する最も直接な方法です。昇降路新型エレベーターと言われ、多い市場需要が見込められます。
 大衆エレベーターは工夫を凝らして開発した枠組み一体化エレベーターです。国家エレベーター製品品質検査局から特殊エレベーター品質検査報告を獲得しました。報告番号:JT2015DT35004。

枠組み集積エレベーター

製造技術の特徴

a、この製品は何らかの原因でエレベーターの昇降路のスペースを用意しない古い建物に適用します。エレベーターの定格速度は1.5m/s以下、定格総荷重1000kg以下、階数9階以下、最大揚程40m以下です。

b、この製品は安全確保のもとに、製造技術を更新します。エレベーターの鋼構造とエレベーターの部品(ドア、かご、ガイドレールなど)は製造現場で一つの標準件として、組合せをされます。エレベーターの部品として製造されます。

C、エレベーター全体は求めている空間は小さいです。コンパクトな構造で空間の有効使用率高いです省エネ性と環境保全に効果的です。

d、この枠組み一体化エレベーターの枠組みはユーザーのニーズによってレンガ造りの建物とコンクリート建物に適用できるように設計されています。

富士エレベーターの有限会社

インストールプロセス特性

工場の大部分の設備製造と組立が完了し、設備は吊り上げ、接続、試運転、設備固定作業の標準部品の後にのみ設置場所に到着した。 したがって、現場の設置期間は短く、一般に黒くても1〜2日であり、現在のタイプのエレベータ設置期間は約30日間である。

B、エレベータの統合の枠組みは、すべてのタイプの複数階建てエレベータ設置に適用できるだけでなく、屋内エレベータの設置に使用する柔軟性も備えています。

C、エレベーター井戸の部屋に追加の建物の必要なくエレベーターの統合のフレームワーク、部屋は、元の秋の建物の宝のスペースを占有しないでください。 そのため、エレベータを建てた多階建ての建物では、居住者への干渉の移転は記述しないでください。 また、エレベータの設置が迅速かつ容易であり、作業の難易度が低下し、建設期間が短縮され、建設費が削減される "

dは、エレベーターのインストールの多階数の使用のすべてのタイプのエレベーターの統合のフレームワークは、それはレンガの構造とセメントが良い接続を構築の様々な構築することができます。