富士エレベータの基本機能

著者:恒達富士エレベーター有限会社 解放時間: 17-06-19

自動運転状態または運転者状態に設定された操作機能、同時に運転中のコマンド信号のドライバーに応答する恒富エレベーター、屋外呼出しボタン信号への自動応答、乗客の任意のサービス層は呼出信号呼出エレベーターを登録することができる。

d1e571c7bbd7a1766dee07061288a20f

エレベーターはメンテナンス状態に入るために、システムは自動操作と自動ドア操作をキャンセルする。 上(下)ボタンを押すと、エレベータをメンテナンス速度で上(下)に移動します。 リリースボタンエレベーターは直ちに停止します。

コントロールボックスのスイッチを回してドライバを選択することができます。 エレベータは、運転者が機能の方向を実行するために選択することができ、エレベータは、ボタンの状態で運転者がドアを押すと閉じられる。

ドライバーは、特殊なボタンを使用してエレベーターを選択することができます、自動計算の原則のための直接ドッキング距離の方向は、滑らかな曲線を停止するクロールなし、水平位置に直接ドッキングします。 最適なカーブ自動発電システムは、距離を実行する必要性に応じて、自動的に原則の最も適したマンマシンの機能曲線を計算し、短い建物に限定されていません。

運転者の自動運転がない場合、かごに満車があるとき、エレベータは呼出信号の外の外線に応答しない。 しかし、呼び出しの外にこの時間はまだ登録することができます、次のランタイムサービスになります。 設定された時間を超過すると、内部コマンドとステーションコールはなく、エレベータは待機している基地局に自動的に戻ります。

システムは、設定された時間に応じて自動的に開時間を決定し、ドアを開けるように指示し、ドア保護ドアを開け、ドアを開けるなどを遅延させ、開放時間を異なるようにする。